薬剤師の求人状況

先述した通り、ドラッグストアなどの参入が顕著になり、薬剤師へ転職を検討する人も増え、求人も増加傾向にあります。みなさんも新聞の折り込みチラシや求人サイトで、薬剤師募集の情報を目にしたことがあることでしょう。病院でも業務の短縮化から薬の処方を院内処方から院外処方に切り替えるところもあり、そういう意味でも街の調剤薬局の役割は大きくなりつつあり、薬剤師求人も増えているのです。

気になる給料の相場は中途採用(経験者)で30万円代であり、ほかの業種に比べると待遇が恵まれていることがわかります。それは高い専門知識と即戦力が求められている証拠でもあります。さらに、調剤薬局はそれぞれで待遇がまちまちであり、同じところに長く勤める人が少ないのも傾向として強く、人材の流動化は否めません。ただ、勤務時間が明確であることと、休みが取りやすいことはメリットといえるでしょう。

一方、長期雇用を希望するならば病院勤務が人気で、とくに名の通った国公立の総合病院は、福利厚生がしっかりしており、かつ身分が保証される(国家公務員と同等の扱いとなる)ために、給与・賞与が安定していて魅力があります。したがって、就職口としては人気が高いのですが、労働時間が安定せず、夜勤などもこなさなければなりませんから、不規則な生活を余儀なくされ、自由度が低いのはデメリットかもしれません。