薬剤師の求人状況

先述した通り、ドラッグストアなどの参入が顕著になり、薬剤師の求人は増加傾向にあります。みなさんも新聞の折り込みチラシや求人サイトで、薬剤師募集の情報を目にしたことがあることでしょう。病院でも業務の短縮化から薬の処方を院内処方から院外処方に切り替えるところもあり、そういう意味でも街の調剤薬局の役割は大きくなりつつあり、薬剤師求人も増えているのです。

気になる給料の相場は中途採用(経験者)で30万円代であり、ほかの業種に比べると待遇が恵まれていることがわかります。それは高い専門知識と即戦力が求められている証拠でもあります。さらに、調剤薬局はそれぞれで待遇がまちまちであり、同じところに長く勤める人が少ないのも傾向として強く、人材の流動化は否めません。ただ、勤務時間が明確であることと、休みが取りやすいことはメリットといえるでしょう。

一方、長期雇用を希望するならば病院勤務が人気で、とくに名の通った国公立の総合病院は、福利厚生がしっかりしており、かつ身分が保証される(国家公務員と同等の扱いとなる)ために、給与・賞与が安定していて魅力があります。したがって、就職口としては人気が高いのですが、労働時間が安定せず、夜勤などもこなさなければなりませんから、不規則な生活を余儀なくされ、自由度が低いのはデメリットかもしれません。

薬剤師の業務

薬剤師の業務は、わたしたちが想像しているよりもさまざまなものがあります。とくに病院勤務の薬剤師の業務は、わたしたちには見えない部分が多いようです。わたしたちにとって薬剤師は薬の専門家で、医師から渡された処方箋に基づいて薬を調合してくれる人たち、という姿がもっともよく目にするものですが、彼らは調剤のみならず、医療現場で使われる注射薬や輸液などについても、医師や看護師に指示を出しており、そうしなければ事はすべて動き出しません。

院内の医薬品の在庫管理や品質管理、細かい薬の説明を患者に行う必要がある際には医師ではなく薬剤師が表に出て、その薬の作用・副作用、リスクはあるか否かなどの詳細な知識をわかりやすく解説することも、大きな仕事です。薬についてのすべては、医師や看護師ではなく薬剤師が支えており、彼らの細かい指示がなければ、医師も看護師も薬について詳しくは触れることはできないのです。

処方箋を出すのは医師の仕事であるために、病院の場合、患者はすべての指示は医師から出されていると思いがちかもしれませんし、薬の説明をしてくれるのが看護師の場合も多く、薬剤師はどうしても目立たない存在になりがちです。しかし、彼らは医師や看護師と同様、医療現場ではエキスパートとして第一線で活躍する、なくてはならない存在です。

薬剤師になるために

薬剤師になるには、国家試験に合格し薬剤師免許を取得しなければなりません。国家試験受験資格を得るためには、薬剤師法で定められた薬学教育に必要な課程を設置している大学へ進学し、6年間の課程(平成18年4月より。それ以前は4年課程)を修了することが絶対条件です。平成21年度時点で、上記の課程を設置している大学は全国で74校ありますが、短期大学や夜間大学はありません。

国家試験の合格率は毎年70%半ばから80%半ばのあいだを推移しており、専門教育を施してきた割には決して高い数字とはいえないのが実情です。この難関を突破し薬剤師免許を取得したもののうち、実際に免許を活かした仕事に就くのは6割程度とさらに低く、そのうちの多くは薬局勤務を選択し、その次に病院や診療所での勤務が続きます。製薬会社への就職も一部選択肢として残されています。それでは免許を取得しても就業しないものは何をするかというと、大学院に進学して研究者の道を歩むようです。

就職率が低いようにも感じられますが、最近では薬局のほかにも全国チェーンのドラッグストアでも調剤薬局を設置する動きがみられ、就職口の間口は広がっているといってもよいでしょう。

薬剤師とは

わたしたちが薬剤師と接することがあるならば、それは病院内の処方薬局や、街の薬局、ドラッグストアに専属で働いている人たちでしょう。その名の通り、彼らは「薬の専門家」で、仕事のイメージとしては医師からわたしたちへと処方される薬を調合して出してくれる仕事、というのが一般的ではないでしょうか。病院に行っても、主に接してくれるのは医師か看護師であり、薬剤師が表に出てくる姿はあまり見かけないため、正直ほかにどのような仕事をしている人たちなのか、実態が見えにくいのは事実です。

しかし実際には、薬剤師の存在は医療現場の最前線でも非常に重要な役割を占めており、医師や看護師に的確に薬の知識を伝達し、円滑に現場をまわす陰の立役者といっても過言ではありません。薬の知識に関してはどんな医師や看護師も、薬剤師には勝つことはできないので、薬の知識について薬局ではもちろんのこと、病院内においてもすべて薬剤師が実権を握っているのです。

薬剤師は、医師や看護師と同様にれっきとした国家資格であり、専門課程が設置された大学に進学し修了しなければ国家試験を受けることはできず、またその合格率も決して高くはないといわれており、非常に難しい職業であることからも、彼らは専門性が高く優れた選ばれし存在であることが伺い知ることができます。単に医師の言いなりになって薬を処方しているのではなく、その高い薬の知識を活かして医療現場を支える大きな柱のひとつとして、彼らは大活躍しているのです。