薬剤師とは

わたしたちが薬剤師と接することがあるならば、それは病院内の処方薬局や、街の薬局、ドラッグストアに専属で働いている人たちでしょう。その名の通り、彼らは「薬の専門家」で、仕事のイメージとしては医師からわたしたちへと処方される薬を調合して出してくれる仕事、というのが一般的ではないでしょうか。病院に行っても、主に接してくれるのは医師か看護師であり、薬剤師が表に出てくる姿はあまり見かけないため、正直ほかにどのような仕事をしている人たちなのか、実態が見えにくいのは事実です。

しかし実際には、薬剤師の存在は医療現場の最前線でも非常に重要な役割を占めており、医師や看護師に的確に薬の知識を伝達し、円滑に現場をまわす陰の立役者といっても過言ではありません。薬の知識に関してはどんな医師や看護師も、薬剤師には勝つことはできないので、薬の知識について薬局ではもちろんのこと、病院内においてもすべて薬剤師が実権を握っているのです。

薬剤師は、医師や看護師と同様にれっきとした国家資格であり、専門課程が設置された大学に進学し修了しなければ国家試験を受けることはできず、またその合格率も決して高くはないといわれており、非常に難しい職業であることからも、彼らは専門性が高く優れた選ばれし存在であることが伺い知ることができます。単に医師の言いなりになって薬を処方しているのではなく、その高い薬の知識を活かして医療現場を支える大きな柱のひとつとして、彼らは大活躍しているのです。