薬剤師の業務

薬剤師の業務は、わたしたちが想像しているよりもさまざまなものがあります。とくに病院勤務の薬剤師の業務は、わたしたちには見えない部分が多いようです。わたしたちにとって薬剤師は薬の専門家で、医師から渡された処方箋に基づいて薬を調合してくれる人たち、という姿がもっともよく目にするものですが、彼らは調剤のみならず、医療現場で使われる注射薬や輸液などについても、医師や看護師に指示を出しており、そうしなければ事はすべて動き出しません。

院内の医薬品の在庫管理や品質管理、細かい薬の説明を患者に行う必要がある際には医師ではなく薬剤師が表に出て、その薬の作用・副作用、リスクはあるか否かなどの詳細な知識をわかりやすく解説することも、大きな仕事です。薬についてのすべては、医師や看護師ではなく薬剤師が支えており、彼らの細かい指示がなければ、医師も看護師も薬について詳しくは触れることはできないのです

処方箋を出すのは医師の仕事であるために、病院の場合、患者はすべての指示は医師から出されていると思いがちかもしれませんし、薬の説明をしてくれるのが看護師の場合も多く、薬剤師はどうしても目立たない存在になりがちです。しかし、彼らは医師や看護師と同様、医療現場ではエキスパートとして第一線で活躍する、なくてはならない存在です。